ファッション費用がエディストクローゼットで節約できた理由

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 15:20

ファッション費、服代、衣料品費……


色々な言い方がありますが、すべての女性にとって着るものにかけるお金は、気になるものだと思います!


私は毎月服をレンタルする、ディストクローゼットを活用して服にかける費用を節約してます。


どのへんが、どう節約になったのか、さくっとご紹介したいと思います。



ポイント1 次のコーデを選ぶ時間も楽しめる


月に2set(4着)が基本です。

始める前は、「届いても1ヶ月は交換できないのはどうなのかな?」って思ってましたが、、、この縛りが意外といいのです。


失敗したくないので次に何を借りるのか、超真剣に考えるます。

これが疑似お買い物体験になります。


通販やショッピング感覚で次のコーデを選べるので、お買い物欲求を抑えることができます。

(買い物欲求を誤魔化すというか……)



ポイント2 手持ちの服は、思いっきりシンプルなものだけ


エディストクローゼットのお洋服は基本、シンプルです。

シンプルベースとはいえ、ちょいモードやさり気トレンドが取り入れられているので、手持ちの服は、シンプルなものだけ揃えれば済みます。


手持ちの服で流行を追う必要がないので、ユニクロやJuなどプチプライスの服でOKです〜




ポイント3 クローゼットが広くなるのが気持ちいい


このようにしてエディストクローゼットを活用すると、手持ちの服は、シンプル、かつ必要最低限の服で済みます。

クローゼットが広くなり、気持ちが上がります。


パルもエディストクローゼットで服をレンタルして知ったのですが心理的効果って生活に大きく影響します。


服を選ぶとき、しまうとき……


クローゼットがスッキリしてると、いちいちストレスフリーなんです。



この気持ちよさを知るともう、無駄にクローゼットを狭くしたくなくなります。



少なくとも服がほしいとき


「この服をクローゼットにいていい?」


って自分に問いかけられるようになりました。



服がほしい気持ちがゼロになるわけではないですが、この変化は大きいです。


フフフ……



いいことずくめに見えるエディストクローゼットですが、デメリットもあります。


明日は、デメリットについてご紹介していきますね。



コメント
コメントする