産後の職場復帰は家計負担増!産後太りによる服の買い替えは地味にダメージが大きいけど、対処法ってある?

  • 2019.10.21 Monday
  • 21:04

こんにちは、2児の母、アラフォーのパルです。今回はエディストクローゼットが家計の節約になるかどうか検証したいと思います。

 

エディストクローゼットは月額制で201910月新規で入会した場合の料金は次の通りです。

 

レギュラープラン(3ヶ月契約)  月額8600

ゴールドプラン(6ヶ月契約)  月額7900

プラチナプラン(12ヶ月契約) 月額7600

 

 

これを見て、「高い」と思う方もいると思います。

毎月の衣服費が月額料と同額、もしくはそれ以下の方であれば、あえてレンタルファッションを利用する意義は低いように感じます。

衣服が1万円程度と、月額料のよりも少し高い程度の方でも、「衣服費が少し高いくらいなら購入できて自分のものになったほうがお得」と感じるかもしれません。

 

 

実は、私がエディストクローゼットに加入する前の衣服費は月1万円程度でした。

しかし、私の場合はエディストクローゼットに加入して、かなり衣服費が節約できたと感じています。

その理由は主に3つです。

 

エディストクローゼットで衣服費が節約できた理由

 

理由1 産後の体形が変わった時期だったから

 

・産後、残酷なまでに体形が変わったので、今までの服が着られなくなっていた

・特に下半身が太っていて、ボトムは軒並み買い替えが必要だった

・トップスは着れる服もあったが、それまで比較的ぴったりした服が好きだったので、やはり似合わなくなっていた

 

理由2 復職のタイミングだったから

 

・職場復帰で仕事用の服が新たに必要だった

・妊娠初期から新たに購入するのはマタニティ服のみだったので、2年近く新しい服を買っておらず、数少ない着れる服もデザインが古くなっていた。

・「仕事は身なりも大切」というポリシーなので(普通の感覚だと思いますが)、新しい服が必須だった

 

理由3 体形が戻ることも視野にいれていた

 

・第一子出産時は2年ほどで体形が改善した経緯に含め、今後体形が戻ることも視野例入れていた・そのため、今の体形(下半身太り)の服を新たに購入するのは最低限に抑えたかった

 

 

以上です。

 

簡単にまとめると、「新しい服は必要だけど、フルセットで購入するのはもったいない」というところでしょうか。

体形が戻った場合、新しい服に費やしたお金が無駄になってしまいますものね。

 

もしもエディストクローゼットを利用しないで服を新規購入していた場合

 

ちなみに、新たに服を購入した場合の衣服費を考えてみましょう。

まず、日々の着回しを考えると、最初に「トップス3着」「ボトム2着」が必須だったと思います。

これだけで2.5万円くらいかかったと思います。

 

大きな負担です・・・・・・。

 

更に、他にも「通勤靴」「通勤鞄」「保育園の入園グッズ」・・・・・・・などなどかかる時期であることを考えると、家計の負担はかなり深刻でした。

 

プチプラ服を買って安く済ませる方法もありましたが、普段着ならともかく、アラフォー世代のビジネスシーンではある程度の高見え服は必要です。

 

個人的な意見ですが、アラフォーになったらプチプラ服はコーディネートのうち1着までがいいかと思います。

 

コーディネートが上手なおしゃれ上級者なら別なのでしょうが、おしゃれ偏差値普通のママにとってはオールプチプラコーデは難易度が高いです。

 

話がそれましたが、アラフォーママが、仕事で使えるきれいめ服は、それなりのお金がかかると思います。

少なくとも私はそうだったので、1万円以下で2セットの服がレンタルできるエディストクローゼットはとっても助かりました。

 

ちなみに、エディストクローゼットなら「トップスSサイズ」「ボトムMサイズ」といったレンタルも可能です。

そのあたりも自由度が高くてよかったです。

 

 

なお、今ならキャンペーン中です▽

 

コメント
コメントする